この本をツイート 


★画像クリックで拡大


スペインの代表的詩人ロルカの生涯を紹介する絵本

イアン・ギブソン /ハビエル・サバラ 絵/平井うらら 訳

フェデリコ・ガルシア・ロルカ
子どもの心をもった詩人


【対象:小学高学年から大人まで】
※小5以上の学習漢字にルビをふっています。


2018年6月15日発売予定(予定は変更することがあります)
A4判変形
(縦199×横217ミリ) 上製62頁
定価 2200円+税
ISBN978-4-87714-479-1 C8798


●目次
●書評
●関連書



 き貝ひとつもらっちゃった。
 中で 君に歌ってくれるよ
 すてきなこと いっぱい。
 僕の心は
 水でいっぱい
   (ガルシア・ロルカ「巻き貝」より。訳・平井うらら)

 詩集『ジプシー歌集』、戯曲『血の婚礼』などで知られる、スペインを代表する詩人であり劇作家・ガルシア・ロルカ。彼の故郷、世界遺産アルハンブラ宮殿のあるグラナダは、イスラム教徒、キリスト教徒、ユダヤ教徒、ヒターノと呼ばれるロマといった多宗教・多文化の人々が息づく美しい街――。
 すべての人に教育と自由・平等を、と世界一民主的な憲法を掲げたスペイン第二共和制、スペインが理想にあふれていた時代。ロルカは詩やお芝居、得意の音楽などの分野でそのゆたかなイメージをうたいあげ、貧しい人、女性、ロマといった「ちいさな存在」に寄り添い、芸術の力で勇気づけようとしました。
 しかしそんなロルカは、スペイン内戦が勃発して間もなく、ファシスト勢力によって拉致され、暗殺されてしまいます。

 ロルカ研究の第一人者のイアン・ギブソンと、絵本の原画で世界で高く評価されているハビエル・サバラが、ロルカの生涯を美しい絵本につくり上げました!
 日本版には、スペイン語原文を併記。また、著者のイアン・ギブソン氏によるオリジナル・メッセージ「日本の子どもたちへ」を収録(スペイン語原文も併載)。
 さらに、「ロルカミニ事典」(写真多数)を付し、ロルカ入門としても、またスペイン語学習のための読み物としても好適です。

 訳者の平井うららさんによれば、「ロルカの詩は、読まれるものではなく、歌われるもの」。ぜひスペイン語の音の響きをも楽しみながら、ロルカの美しくも楽しく、ゆたかな詩の源泉に思いを寄せてください。

*          *          *

  フェデリコ・ガルシア・ロルカ Federico García Lorca とは

1898年6月5日~1936年8月19日(享年38)。
スペインの古都グラナダ近郊の村に生まれる。スペインの国民的詩人、劇作家。
詩、演劇、音楽、絵画に関心と才能を示し、画家のサルバドール・ダリ、映画監督のルイス・ブニュエル、詩人のラファエル・アルベルティらと親交を深めた。
1936年8月、スペイン内戦勃発の直後に、CEDA(スペイン独立右翼連合)所属の元国会議員であったルイス・アロンソらによって拉致、銃殺された。
【主な作品】
[詩集]:『ジプシー歌集』『ニューヨークにおける詩人』『カンテ・ホンドの詩』他。[戯曲]:「血の婚礼」「イェルマ」「ベルナルダ・アルバの家」他。




〈著者〉

●文:イアン・ギブソン(Ian Gibson)
1939年、アイルランド・ダブリン生まれ。世界的なロルカ研究の第一人者。ロルカに関する著書多数。邦訳された著書に『ロルカ』(ロルカの伝記、1997年、中央公論社)、『ロルカ・スペインの死』(1973年、晶文社)。


●絵:ハビエル・サバラ(Javier Zabala)
1962年スペイン・レオン生まれ。画家ゴッホを題材にみずから文章も書いた絵本『かごの鳥』で、2015年ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)・金のりんご賞受賞、ロルカの詩に絵を描いた『サンティアゴ』で、2008年ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞受賞。


●翻訳:平井うらら(ひらいうらら)
1952年香川県生まれ。同志社大学・立命館大学・龍谷大学講師。早稲田大学第一文学部卒業。京都外国語大学大学院修士課程修了。文学博士(グラナダ大学)。訳書に『ガルシア・ロルカ 対訳 タマリット詩集」(影書房)。共著書に、『ガルシア・ロルカの世界』(行路社)、『スペイン文化事典』(丸善出版)、『マドリードとカスティーリャを知るための60章』(明石書店)他。





◆『フェデリコ・ガルシア・ロルカ 子どもの心をもった詩人』 目次◆

1. 絵本「フェデリコ・ガルシア・ロルカ 子どもの心をもった詩人」
  
(スペイン語原文併記)
    

2. イアン・ギブソン「日本の子どもたちへ」
(スペイン語原文併載)
3. ロルカミニ事典
4. 訳者あとがき




【中ページ見本】



















書 評


◆『読売新聞』(2018・9・2)





◆『図書新聞』(2018・9・1)





◆『世界日報』(2018・8・19)





◆『ふぇみん』(2018・4・25)





◆『出版ニュース』(2018・8・中旬)







◆関連書◆


 『ガルシア・ロルカ 対訳 タマリット詩集』 ガルシア・ロルカ 著/平井うらら 訳・解説

 『エデとウンク―1930年 ベルリンの物語』 アレクス・ウェディング 著/金子マーティン 訳・解題
【小学校高学年以上~大人まで】】

 『ロマ 「ジプシー」と呼ばないで』 金子マーティン 著

 『ぼくたち、ここにいるよ―高江の森の小さないのち』 アキノ隊員 写真・文
【小学中学年以上~大人まで】