影書房

 KAGESHOBO Publishing Co.

HOME 新刊案内 既刊書案内
(ジャンル別)
既刊書案内
(著者名別)
既刊書案内
(書名別)
ご注文・お問合わせについて about us
(会社概要)
follow us





韓国軍事独裁政権に囚われた在日朝鮮人良心囚とその家族の物語

(ファン) (ヨン)()
あの壁まで


2013年12月刊
四六判上製 214頁
定価 1800円+税
ISBN978-4-87714-442-5 C0093

●目次
●書評
●関連書




の壁と同じ壁のなかに、アボヂがいる。アボヂが閉じ込められている。
「負けるもんか! 負けてたまるか!」

1970年代から80年代にかけ、軍事独裁政権下の韓国で、「母国留学」や商用などで滞在中に「北のスパイ」のぬれぎぬを着せられ逮捕・投獄された在日朝鮮人は、100人以上とも言われている。
本作は、韓国を訪問中に無実のスパイ容疑で逮捕、死刑を宣告された“アボヂ”(父)を救出すべく、次々と迫る困難に立ち向かってゆく、ある「在日」家族の姿を描き出した長篇小説である。


〈著者略歴〉
黄 英治
(ファン・ヨンチ)
1957年、岐阜県生まれ。
2004年、小説「記憶の火葬」で「労働者文学賞2004」受賞。
著書:『記憶の火葬――在日を生きる――いまは、かつての〈戦前〉の地で』(影書房 2007年)

(本書刊行時点)






◆『あの壁まで』目次


川の向こうへ

あの壁まで

駄駄っ児

特別面会

ポプラ








書 評






● 「神奈川大学評論」 78号(2014年7月31日発行)








● 「労働者文学」 2014年7月









   ●「図書新聞」 (2014年3月8日)








   ●「朝鮮新報」 (2014年2月26日)
    http://chosonsinbo.com/jp/2014/02/0224ib/






●月刊「労働組合」 2014年2月号









●月刊「イオ」 2014年2月号









●「朝鮮新報」 (2014年1月20日)





●林浩治氏のブログ:「愚銀のブログ」より 2013年12月13日 (金)
 http://kghayashi.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-5b6c.html

  父親は死刑囚──反動の時代に抗う小さな灯
                                             林 浩治(文芸評論家)

 12月6日、自民党・公明党により特定秘密保護法が強行成立させられた。「特定」と言っても何も特定していない。何が秘密か分からないから、自分でもなんだか分からないうちに逮捕されたりする。公表され得ない秘密を裁判官は公正に判断できるのか? 三権分立は大丈夫なのか?

 NHKの朝の連続テレビ小説「ごちそうさま」は、現在大正12年(1923年)まもなく関東大震災だが、まさに大正デモクラシーの真っ最中だ。そして震災を経て1925年には悪名高い治安維持法が制定される。この治安維持法はどんどん拡大解釈され、あまりにもつじつまが合わなくなってきたので1941年に大幅改訂された。つまり大正デモクラシーも昭和の始まりと共に終わり、日本は戦時ファシズム国家に変貌していったのだ。特定秘密保護法とは現代の治安維持法と言っても過言ではない。

 日本が戦後民主主義を謳歌していた現代史の一時期に、韓国には軍事独裁政権が居座った。むろん、朝鮮半島の政治的分断を招いた根本的原因が、日本による植民地支配にあることは言うまでもない。黄英治『あの壁まで』の主人公スギは在日朝鮮人だ。中学生のときに、祖父家族の住む韓国に父親が行ったきり戻らなくなる。朴正煕が軍事独裁政権を確立し、民主主義勢力に凄惨な弾圧を加えていた時代だ。ちなみに現在の朴槿恵大統領は、朴正煕の娘だ。

 「韓国」籍の在日朝鮮人である点を除けば、両親と弟妹たちと暮らす平凡な女子中学生だったスギを、突然襲う現代史の大きな罠。韓国に行った父親が北朝鮮のスパイ容疑で逮捕され、死刑を宣告されてしまった。父の救出・救援のために奔走する母。スギも救援集会や家の仕事で学校を休みがちになる。

 中学校で孤立していたスギも、高校に入ると仲の良い友だちを作り青春を謳歌するようになった。その一方で死刑囚の父を救うための家族の闘いは続いている。両方とも自分であるのにその間で揺れていて、友人や先生たちに在日韓国人政治犯の娘である自分をさらけ出せない。友人から聞かされたサイモン&ガーファンクルの歌に自分を重ねて、心の壁を確認する。

 スギはやがて先生や友人たちを救援運動に巻き込んでいく。そして朴正煕政権から、短い「ソウルの春」と凄惨な光州事件を経て、全斗煥政権に移った韓国に行き来するようになる。囚われの父に面会するためにだ。韓国で味わう屈辱と愛情が彼女をよりたくましく育んでいく。この小説はスギの成長を描いた教養小説の趣も持っている。

 スギが面会に通った西大門刑務所は、現在も残っている。ソウル西大門区にある「西大門刑務所歴史館」がそこだ。もとの西大門刑務所をそのまま博物館として使用している。外観はアウシュビッツもかくあらんと思わせる雰囲気で、見学に足を踏み入れると静謐な時間の流れに包み込まれる。日本帝国主義支配の時代には多くの独立運動家たちが収監され、殺されていった場所であり、戦後の独裁政権時代には民主主義運動に関わった市民や学生・労働者が収容された。スギのアボジ(父)もここに収監されて、終日手錠をはめられていた。〈屈服を強いるために手錠をするんだ。監獄に囚われて自由を奪われているうえに、両手が突っ張って眠ろうにも眠られず、飯を食う、排便をする、服を着替えるという人間にとって基本的なことすべてが、看守の許可なしにできない状態をつくる。この制度は日帝時代からの悪習だよ。だから監獄は、思想転向制度とあわせて日帝時代のままだった。〉

 韓国の軍事独裁政権の人民弾圧は、日本帝国主義の植民地人民弾圧を踏襲している。韓国の軍事独裁政権は、日本の軍事ファシズムの模倣であり子孫であり残滓だ。スギのアボジをでっちあげのスパイ容疑で逮捕したのは、富国強兵の日本軍国主義の実態を伴った亡霊なのだ。

 黄英治『あの壁まで』は、一読すると韓国独裁政権に苦しめられた在日韓国人家族の健気な話として読まれうるのだが、実のところ日本帝国主義を告発した作品でもある。一人の少女の精神的成長に私たちは、良かった良かったと拍手を送るのではなく、「特定秘密保護法」に反対する、反動の時代に抗う希望の灯として読みたい。








◆関連書◆

 『記憶の火葬――在日を生きる―いまは、かつての〈戦前〉の地で』 黄 英治 著