★画像クリックで拡大


●書店様用注文チラシ
 (FAX注文用)

●お客様用チラシ



これからの法規制議論のために

LAZAK(在日コリアン弁護士協会)板垣竜太、木村草太 ほか著
ヘイトスピーチはどこまで規制できるか


2016年8月刊
四六判並製204頁
定価 1700円+税
ISBN978-4-87714-464-7 C0036


●目次
●書評
●関連書



そこにあるヘイトスピーチ被害に対して、現行法はどこまで対処できるのか?
「表現の自由」を前に立ちすくむわけにはいかない!
歴史家・憲法学者・弁護士たちによる熱く精緻な議論。
2015年12月5日に開催されたシンポジウムの記録。


社会的マイノリティへの差別・排除を扇動するヘイトスピーチ・デモが日本各地で頻発するなか、これを規制すべきとの声が高まったが、弁護士や憲法学者といった法律関係者の間では「言論・表現の自由」を理由とした法規制慎重論が根強く、議論は停滞し、被害者はとりのこされていた。

被害当事者でもあり法律家でもある在日コリアン弁護士協会(LAZAK)のメンバーらは、この状況を一歩でも前に進めようと、2015年12月5日にシンポジウムを開催。本書はその記録集。

ヘイトスピーチは長年にわたり日本国内で醸成されてきたレイシズム(人種差別)の結果であることを、朝鮮近現代社会史学の板垣竜太氏が基調報告、パネルディスカッションでは憲法学の木村草太氏を迎え、被害の実態をもとに、現行法ではどこまでどういった規制が可能か、どこから新法が必要となるのか、そもそも憲法上ヘイトスピーチへの規制は許されるのか、何を「法益」とするのか、といった具体的な議論が交わされた。

本書はその記録に加え、京都朝鮮学校襲撃事件の判決分析や、アメリカのヘイトクライム規制に関する報告、「ヘイトスピーチ解消法」の成立を受けてのLAZAK会員による「座談会」等を収録した。

2016年5月に罰則のない理念法である「ヘイトスピーチ解消法」が成立したが、具体的な法規制への取り組みは続く。本書に収録した議論は、今後の指針ともなりうるだろう。




〈著者〉

板垣竜太
 いたがき りゅうた
1972年生まれ。同志社大学社会学部教授。朝鮮近現代社会史・植民地主義研究。
著書:『朝鮮近代の歴史民族誌』(明石書店)、『Q&A朝鮮人「慰安婦」と植民地支配責任』(共編著、御茶の水書房)、『東アジアの記憶の場』(共編著、河出書房新社)、『日韓 新たな始まりのための20章』(共編著、岩波書店)

木村草太 きむら そうた
1980年生まれ。首都大学東京法学系教授。憲法学。
著書:『集団的自衛権はなぜ違憲なのか』(晶文社)、『憲法の創造力』(NHK出版新書)、『キヨミズ准教授の法学入門』(星海社新書)

【在日コリアン弁護士協会(LAZAK)】
2001年5月、東京にて在日コリアン法律家協会として設立。翌02年6月に在日コリアン弁護士協会へ組織改編。在日コリアンヘの差別撤廃、その権利擁護、民族性の回復(民族教育の保障等)及び政治的意思決定過程に参画する権利(参政権・公務就任権)の確保などを活動の目的としている。
刊行書籍:『裁判の中の在日コリアン 中高生の戦後史理解のために』(現代人文社)、『韓国憲法裁判所 社会を変えた違憲判決・憲法不合致判決 重要判例44』(日本加除出版)、『第2版 Q&A 新・韓国家族法』(日本加除出版)

金 昌浩 キム チャンホ
弁護士。第二東京弁護士会・2008年登録。NY州弁護士。
著書:『原子力損害賠償の実務』(共著、民事法研究会、2011年)

金 哲敏 キム チョルミン
弁護士。東京弁護士会・2004年登録。
著書:『Q&A新・韓国家族法(共著、日本加除出版、2015年)

金 星姫 きん そんひ
弁護士。大阪弁護士会・2014年登録。

金 竜介 きん りゅうすけ
弁護士。東京弁護士会・1994年登録。
著書:『外国人刑事弁護マニュアル』(共著、現代人文社、2014年)

具 良鈺 ク リャンオク
弁護士。大阪弁護士会・2009年登録。
著書:『知っておきたい!養育費算定のこと』(共著、かもがわ出版、2013年)

宋 惠燕 ソン ヘヨン
弁護士。神奈川県弁護士会・2006年登録。
著書:『いまこそ知りたい! みんなでまなぶ日本国憲法(共著、ポプラ社、2016年)

韓 雅之 はん まさゆき
弁護士。大阪弁護士会・2002年登録。
著書:『Q&A新・韓国家族法(共著、日本加除出版、2015年)。

李 春熙 リ チュニ
弁護士・東京第二弁護士会・2005年登録。
著書:『Q&A新・韓国家族法(共著、日本加除出版、2015年)。







◆『ヘイトスピーチはどこまで規制できるか』 目次◆

まえがき

[基調報告]
 
「日本のレイシズムとヘイトスピーチ」――板垣竜太

[報告]
報告1 「ヘイトスピーチとは――その実態と被害について(金星姫)
報告2 「人種差別の違法性を認定
――京都朝鮮学校襲撃事件判決(具良鈺)
報告3 「アメリカにおけるヘイトクライム規制」
(金昌浩)

[パネルディスカッション]
 「ヘイトスピーチはどこまで規制できるか」
         ――板垣竜太、木村草太、金哲敏、金竜介、李春熙

[座談会]
 「シンポジウムを終えて」
          ――金哲敏、金星姫、金竜介、宋恵燕、韓雅之、李春熙

 







書 評




●「朝鮮新報」 2016年10月5日より

http://chosonsinbo.com/jp/2016/10/20161004yr/









●「出版ニュース」 2016年10月中旬より













◆関連書◆

 『日本型ヘイトスピーチとは何か――社会を破壊するレイシズムの登場』
 LAZAK(在日コリアン弁護士協会) 編、板垣竜太、木村草太 ほか著

 『#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル』 李信恵 著

 『ロマ 「ジプシー」と呼ばないで』 金子マーティン 著

 『鳳仙花のうた』 李 正子(イ・チョンジャ) 著

 『歌集 沙果、林檎そして』 李 正子(イ・チョンジャ)

 『父とショパン』 崔 善愛(チェ・ソンエ) 著


 『歌集 一族の墓』 金 夏日(キム・ハイル)
  

 『あの壁まで』 黄 英治(ファン・ヨンチ) 著

 『記憶の火葬――在日を生きる―いまは、かつての〈戦前〉の地で』 黄 英治(ファン・ヨンチ) 著

 『秤にかけてはならない―日朝問題を考える座標軸』 徐 京植(ソ・キョンシク) 著

 『尹東柱全詩集 空と風と星と詩』 尹 東柱(ユン・ドンヂュ) 著/尹 一柱 編/伊吹郷 訳

 『羊の怒る時』 江馬 修 著